美容・生活コラム

婚活を成功させる方法で一番大事な秘訣が判明│男性・女性

このページにたどり着いた方は大なり小なり婚活に悩みや不安を抱いていると思います。

婚活で成功する人と失敗する人がいますが、その二人にはどのような違いがあるのでしょうか?

もちろん相手に求める条件や自己評価などは人それぞれですが、自分自身が「成功しない婚活」のNGなパターンを行ってはいないでしょうか?

相手に与える印象とそれをどう改善していけばいいか、詳しくご説明していきます。

こんな人は婚活で挫折する

こんな人は婚活で挫折する

 

ひとりだけは寂しい、パートナーが欲しい、出会いがない、このような思いかえあ婚活をし始める人は多いと思います。

昔は知人の紹介のお見合いだけでしたが、今は街コンやお見合いパーティー、婚活サイトなど新たな出会いのチャンスも広がっています。

しかし、婚活に参加した人全てが理想のパートナー見つけられるわけではありません。

多くの人が婚活で挫折や失敗を経験しています。

 

挫折パターンその1:軽い出会いの落とし穴

最近は婚活ブームのおかげで様々な出会いの場が設けられています。

お見合いパーティーだけではなく街コンや趣味コン、相席居酒屋や婚活バーなど様々で気軽に参加できるようになり婚活もしやすくなりました。

ただ、誰でも参加出来る、ということはそれだけライバルも増え、その中から意中の相手を勝ち取らなければならなくなります。

婚活の場ではお互いの外見・趣味・年収などの条件面からお相手を選ぶことが多いですが、参加者が多い状況で比較対象が多い場合、その「ふるい」も大きくなります。

「年収は同じくらいだけど、あっちの人の方が好み」

などと簡単に切り捨てられ、婚活敗北者が増えていくのです。

 

挫折パターンその2:客観性の欠如

婚活に参加するにあたり、どんなパートナーがいいかと想像しますね。

歳はいくつくらい、外見はこんな感じで、年収はいくら、最低限これはゆずれない、などなど。

条件を出して幸せな結婚生活を想像するだけで楽しくなります。

しかし、あなたの挙げるその条件に合う人が未婚で尚且つ婚活に参加している中に一体どれくらいいるのか、冷静に考える必要があります。

「普通の人でいい」と思っていても周りから見るとそれ高望みすぎない!?と思われることもしばしば。

ここで重要なのは自分はその条件の人に気に入られるほどの価値のある人間なのか、と分析できるかどうかです。

歳はあれだけどまだまだ見た目は若いしイケると思っていても周りから見ればただの痛い人になっていませんか?

婚活では求めるだけではなく、相手に見合っているか、も大事な条件になります。

自分の市場価値を見極めましょう。

 

挫折パターンその3:運命の出会いを期待している

婚活に対し、映画やドラマのような出会いを求めているのであればそれは修正する必要があります。

婚活は互いに「結婚」という目的を意識して参加しています。恋愛をするために集まる人は全体から見ても少数派になります。

若い頃の合コンであればその場のノリや出会いを運命を感じて恋愛に発展ということもあるでしょう。しかしそれはその先を意識しないからこそ出来るものです。

婚活とは自分の後の人生のパートナーを探す場所です。真摯な態度で臨みましょう。

 

婚活に成功する人と失敗する人の違いについて

婚活に成功する人と失敗する人の違いについて

 

婚活で成功している人と失敗している人は何が違うのでしょうか?

自分のルックスは悪くないし、性格に問題があるわけでもない。

実は成功する人と失敗する人の間にはちょっとした違いがあります。

 

婚活に成功する人のパターン

まずはどんな人が成功しているのか、その行いや行動、発言など気を付けるだけでも成功率はグンと上がります。

成功パターンを見て、自分になにが足りていないのか、自己分析をしてみましょう。

 

■出会いの場を広く設ける

いろいろな婚活のイベントが行われていますが、一か所に参加していることで安心せずに自分から積極的にイベントに参加しましょう。

また、婚活イベントだけではなく趣味の幅を広げることでバイタリティが増え、話のボキャブラリも増えていきます。

同じ趣味の人との出会いなども期待できますね。

出会いのチャンスを広げることが出来るのは、婚活イベントのスタッフやコンサルティングではありません。あなただけなんです。

 

■ポジティブシンキング

婚活に成功する人は失敗も経験として次のステップへどんどん進んでいきます。

傷つくことを恐れて受け身になっていては出会いもやってきませんし、また良い相手とも出会い会えません。

どんな状況でも前向きに楽しむ余裕があれば婚活が面倒くさい、ツライなどと思うこともありませよね。

せっかく参加したパーティーにいい人がいない、ということもあります。

その時にはそのパーティー自体を無駄と思わずにパーティー自体を楽しんでみてはいかがでしょうか。

その経験もあなたの中に蓄積され、次の機会に生きてくるはずです。

 

■好きなタイプを限定しない

悪くないんだけどフィーリングが、見た目はいいけど年収が、など相手を最初の段階で選り好みすることはその後の可能性を捨てていることになります。

婚活では限られた時間で少数の人としか交流できません。

その短い時間で相手の全てを知ることは不可能です。後日、よく話してみたら以外な共通点が!なんていう話もあります。

好きなタイプを限定せず、まずは間口を広く設けたくさんの人と交流してみましょう。

 

■減点ではなく加点で相手を見る

相手を選ぶ際、自分の理想を100として減点方式で見ていませんか?

人は短所があれば長所もあります。ちょっといやだなと思うことがあっても長所でカバーできるかもしれません。

欠点ばかり見ていると長所に気づかずに「この人はハズレ」と思ってしまうでしょう。

相手の良い部分を探せる人こそ幸せを引き寄せやすくなります。

また、この方法は後の夫婦生活を築いていく際にも非常に重要な能力になります。

相手の欠点だけが目についてしまったら夫婦関係もギスギスして喧嘩が絶えなくなります。

是非とも相手の長所を見つけることが出来るように意識してみましょう。

 

■自分を磨く努力をしている

相手に求めるだけではなく自分も見劣りしないように努力しているか、というのも婚活に成功する人の特徴です。

婚活は恋愛感情抜きでお互いの条件を納得のいくまでマッチングしていく作業です。自分のアピールできる能力や長所が多いほど相手に興味を持ってもらえるチャンスは広がります。

またそのような取り組みの姿勢自体に行為を抱く人もいるでしょう。

 

婚活に失敗する人のパターン

婚活に失敗する人のパターン

 

では反対に婚活に失敗する人の中で多いパターンはどれでしょうか。

自分も同じようなことをやっていないか、一度振り返ってみることも大切です。

 

■ネガティブで引っ込み思案

年収も見た目も年齢だって自慢できるところはなにもない、なんてネガティブになっている人をわざわざ選ぶ人はいません。

せっかくイベントに参加してもそんな態度でいればチャンスを遠ざけてしまいます。

自分に自信がないのであれば自分磨きをすればいいだけなんです。

 

■特定の相手にだけアピールが強い

あまり興味を持てない相手だからといって素っ気ない態度を取るのはNGです。

気になる相手にだけ好かれれば良いと思って行動していませんか?意外と周囲は1対1以外の場面でもあなたのことを観察しています。

人によって態度が変わる人はあまりいい印象は持たれません。

どんな人に対しても礼儀を持って接しましょう。

 

■求める条件が不確定

婚活に失敗している人の代表的な例で条件を求めすぎる、というのがありますが反対にどんな人がいいのかという明確な目的が無い人も問題です。

どんな人と会っても、条件が決まっていないのでピンとこず、チャンスを逃し続け、婚活が長引く傾向があります。

条件は適度に設定し、それに見合う自分のアピールも用意し出会いを探しましょう。

 

■失敗を他のせいにしている

精一杯やってみたけどうまくいかなかった時もあります。

そんな時は相手が悪い、イベントが悪い、などと考えてしまうこともあるでしょう。

自分自身に足りないことがなかったのか、なにがダメだったのか、冷静に分析を行い、改善できるところは改善して次に繋げていきましょう。

 

婚活で成功する確率を上げる方法

婚活で成功する確率を上げる方法

 

ここまで婚活で成功する人と失敗する人の特徴を簡単ですが説明してきました。

では成功の確率を上げる為に具体的になにをすれば良いのでしょうか?

具体的にその方法をご説明していきます。

 

相手の良いところを見つける

条件を全てクリアしていなくても、1つくらい「いいな」と思えることがあればまずは交流を持ってみる、あるいは条件そのものを緩くしてみる、など自分なりに譲歩することで選択肢は一気に広がります。

 

相手目線で自分をよく観察する

コミュニケーションを円滑にするためには相手の気持ちを汲むというのは非常に重要です。それは婚活においても同様で、この部分が欠けているためにうまくいかない、ということは多々あります。

理想を押し付けすぎるというのもその1つで、冷静になって相手の立場を考えれば、自分の語る結婚に対する理想が実現可能なものなのかどうか判断できるはずです。

また、自分を客観視するためにも他人の目に自分がどう映っているのかを考えることは重要です。

 

自分磨きを徹底する

自分の理想とする相手に釣り合う価値が自分にはあるのか、よく分析し、服装、立ち振る舞い、話し方、表情などチェックしてみましょう。

清潔な服装で明るく笑顔で接する人に悪い印象を抱く人はなかなかいないでしょう。

また、太っている方は痩せている人に比べ、婚活の成功率が60%も落ちるというデータもあります。

人の第一印象はなかなか崩すのは難しいですし、そこで「ふるい」にかけられては復活のチャンスもありません。

欧米では太っている=自己管理すらできていない、ということで重要な役職につけない企業もあります。

太っている人は婚活を期に、ダイエットに励んでみてはいかがでしょうか?